㉕10年ぶりに施工した件

~洗い出しアプローチ工事~(拭きだし1回目状況)

お世話様でございます。

マルワ信濃土建の峯村です。


今回はおそらく10年くらいぶりにやった【洗い出しコンクリート】工事

について紹介します。


上記写真はスポンジでコンクリート表面のノロ部分を拭きとっているところです。


洗い出し工法も色々な工法や種類があり、

今回は、駐車スペースも兼任するアプローチに施工すると言うことで、できる限り丈夫な仕上がりになるような方法を選びました。


歩道や意匠付けの洗い出し工法についてはあらかじめ作った下地コンクリートに塗り付けをして、それを拭いて作成したり等の工事方法が主流です。


今回は、コンクリート打設直後に、意匠砂利をセメントで合わせた材料を打設し、

コンクリートとなじませて一体化させて駐車場としても対応できる洗い出しにしました。

(経年劣化で砂利がポロっと取れたりはあり得ます。)



↑洗い出し荒拭き一回目(2~3回拭く)


↑洗い出し仕上がり


こんな感じで型枠はとれていませんが仕上がりキレイですよね!!

10年ぶりにやりましたが、体は覚えてるもんです(笑)


なかなかやらなくなってきた工事方法ですが、

こんなのもありますって、ご紹介でした!!


近年では見なくなったものの、ひと昔前はコンクリートを直接ふき取って、コンクリート内の骨材を見せる洗い出しなんかもありました。


今回はお値段はかかりますが一手間かっかった画像のような工法をやらせていただきました。ありがとうございました。


~おじさんの休日cooking~


↑ ★ぺぺバジオイルパスタ


フツーにペペロンチーノにバジルのみじん切りを加えただけの話です。


材料 (1人前)

 

 ・① パスタ(スバゲッティーニ0.15とか)100~120g

 ・② ニンニク 普通サイズの一かけら(スライス)

 ・③ 輪切り鷹の爪 一つまみ

 ・④ バジル(生) 3~4枚 千切り

 ・⑤ オリーブオイル オオサジ1

 ・⑥ ボイルブロッコリー 適量(写真で入ってるだけでなくても良い)


①を表記時間よりお好みで30~60秒短く茹でる


①を茹でている間に②③をオオサジ1の油で弱火でゆっくり炒める。


①が茹で上がったら、②③を強火にし白ワインを少々とゆで汁をオオサジ2を入れ

フライパンを揺すりながら①を入れる。


塩コショウで味を調えて、⑥等好きな野菜などと和える。


火を止めて④⑤を入れて和える。(乳化させたい人は火を止める前に⑤を入れた方が良い)


完成!!


ニンニクと唐辛子の辛みにさわやかなバジルの香りが合わさり無難にボーノ!!

実は 白だし とかオオサジ1/2程度入れると、酷がでてさらにうまいです!!



おわり







139回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示