⑮梅雨らしい梅雨による様々な影響について



平素、建設工事につきましてはお世話になっております。

峯村です。


さて上記にあげました写真ですが某有名リゾート地へ続く市道の路肩が崩落した写真です。


標題にもありますが、今年の梅雨は本当に梅雨らしい梅雨でして、

様々な影響が出ております。


もちろん私の薄くなった頭皮にもこの蒸し返すような陽気は多大な悪影響を与えてきますので・・・orz


話がそれましたが、

今回は昨年の記憶に新しい長沼・千曲の越水災害の時に影響がなかった場所です。


そんな場所が崩落したってことは、今回は山手によく雨が降ったと考察できますね・・・。


事実去年は担当エリア外ばかりに災害が出ましたが、今回は小規模ではありますがこういった崩落が何カ所か出ております。


10何年か前の白馬のような崩落みたいなことは無く

この程度で済んでいますので良かったと思っております。

去年の越水災害の事を思うとぞっとします。


今回の雨の影響でつらいのが、この雨季については工事の進捗が大幅に遅れが出ており、

多分弊社だけではなく多くの土木業者さんが頭を抱えていると思います。


『土方こ〇すにゃ、3日雨降らせればいい』

なんて昔からの言葉がありますが、個人で土木業をされている人や、日給雇の人たちは気が気ではないと思います。


雨の日の土木工事については本当にうまく仕事が行きません。

水溶性の材料を使用する外仕事ですからね(土・硬化前のコンクリート)

外で水溶性・・・ってよく考えたらありえないよなぁ。

そう思うと土木工事ってつくづく難しいですよね。

かれこれ15年近く土木業を続けておりますが、雨作業を含めて

天気・水・土・コンクリートの色々な問題が大きな課題ですね。


この問題がうまくいくなんらかを見つければ儲かるんだろうな(白目)

なんて、事を考えながらブログ書いてます。


梅雨空の憂鬱気分なブログですみません(笑)


では今日はこの辺で・・・次は陽気なブログにしたい (`・ω・´)キリ!

Copyright (C) 2018 ㈱マルワ信濃土建. All Rights Reserved.