大型重機の寿命とは、、、


コロナの関係でせっかくの連休も控えめな日々を過ごしました (^-^; 


話変わって、残土処分場の大型重機なんですが、新車から6年が経過し、稼働時間は


13,000時間が過ぎました! 自動車やダンプトラックなどで考えると、6年と言う


年数は、通過点で、まだまだ稼いでくれる認識なんですが、今回の場合、13,000時間


と言う稼働時間が問題で、いろいろと調べたのですが、一般的に工事で使用する重機の稼働


時間は500時間~1,000時間ぐらいだそうです (^^)/  と言う事は、残土処分場の重機は


少なくても通常の倍以上は稼働しているんですよね、、、


摩耗や破損している箇所がちょこちょこあり、今回の原因となる修理代などを合計すると


700万円ほど、、、(>_<) 修理するより新車購入を考える方がベスト!! どのメーカーに


するか検討です !(^^)! 納車したら更新したいと思います (*^^)v 


今は代車を借りて営業しています!




           ↑一回り小さい0,45m3のバックホー




 ↑ 現在の残土処分場はこんな感じです! 


まだ、6年ぐらいは処分場の業務を行えそうなので、丈夫で、ちゃんと動き、燃費や環境


に配慮した重機を選定したいと思います (^^)/


本音は、6年ではなく、10年は稼いで貰いたかったなぁ (+_+) 


174回の閲覧

Copyright (C) 2018 ㈱マルワ信濃土建. All Rights Reserved.