⑯土木屋さんが行う本気の外構工事

お世話様でございます。

峯村です。

今回は現在動いている現場を4現場ピックアップしてみました。 

ゆっくりして行ってください。


T様お住まいの外構工事 途中経過10月5日

レンガ積花壇 (積完了写真)










概要☆

   塗り付けの外壁にふんだんに使用されている木のお家に合わせて、

   ヨーロッパ風のレンガを選定。

   同系色のピン角がある2色の黄色系レンガとわざとラフに仕上げるためのこげ茶の

   レンガを混ぜて施工しました。

   温かみのあるカワイイ形の仕上がりになりました。

ポイント☆

   今回はピン角レンガとラフ仕上げレンガを織り交ぜた総合的にラフな仕上がりを目指

   しました。

   手作りレンガの為5㎜~10㎜の誤差が全てにあり、焼きの状況で反り返ったりしてる

   職人泣かせなレンガでした。

   そんなレンガを自然な雰囲気に積むのが今回のポイントでした。


TUさま新築に伴う造成工事

完了全景写真①

宅地部

   








完了全景写真②

水路部









概要☆

   既設で物置があった場所を更地にし、造成工事を行いました。

   隣に見えるお宅が地権者さんなのですが、今回敷地の間に公共水路がある厄介な工事

   になってしまいました。

   申請、設計、予算計画に1年、施工に2月かかる1宅地にしては大がかりな工事になっ

   しまいました。

   弊社スタッフの土木能力をフルに発揮した思い出深い現場になりました。

ポイント☆

   今回の一番は公共地である水路の自営工事をどのように役所に認めさせるか

   と、外周コンクリート土留の施工でした。

   水は下っていくのに宅地は上げて隣とフラットにしなければいけないのです。

   現地の水路は実際に見ると逆勾配に据えてあります。

   ですが河床は勾配をしっかり付け水が流れるように設計しております。

   実際見えているより深い側溝を並べ河床の勾配を調整しました。

   外壁の土留については、製品の土留の仕様案が出ましたが、クレーンの設置場所が

   ないため現場打ちコンクリートとなりました。

   見えなくなってしまいましたが、施工中の型枠は素晴らしい出来でした。


H様お住まいの外構工事


玄関前アプローチ工

 レンガ状況








施工状況











概要☆

   玄関前アプローチを作成しているところです。

   アプローチは石張歩道の施工をするのですがサークル部のアクセントを作っている

   ところです。

   コンクリート下地にこれよりジャワ産の鉄平関を張る予定で、他に駐車場を作成予定

   です。

ポイント☆

   サークル部分の真円を作るのが難しいのです。

   平面に円を作成するのは簡単なのですが、勾配を付けて円やR線形を作成するのは

   非常に難しい施工です。

   下地コンクリートが命になってきます。

   なんでもそうですが、見えなくなってしまう部分に一番の技術が必要になってきま

   すね。

   ブロックを並べて綺麗に仕上げる技術ももちろん必要ですがやはりこういうところに

   土木屋としての技術が光るように思います。



A様お住まいの外構工事

玄関アプローチ

 ステンシル工完了写真

施工状況











概要☆

   お客さまの玄関をかわいくしたいの声を聴きあらゆる施工方法を検討しました

   しかしやはりお予算の問題が出てきてしまいます。

   そんな時はこれ!!ステンシルコンクリート工です。

   永年、経年劣化の少ない石張りやタイルとは違い手入れや保ちは悪くなりますが、

   写真の通り素敵な仕上がりになります。

ポイント☆

   ステンシル工事のポイントとしてはいかに自然な風合いに仕上げるかです。

   今回は砂のような黄色とレンガのような赤を組み合わせマーブルになるように仕上げ

   ました。

   決して自然色ではありませんが、マーブル具合がうまくいきまして、目地の形のレン

   ガ調が際立つ仕上げになりました。

   ひかく的に安い金額で仕上げられるのもこの施工方法の特徴です。


以上4現場の紹介でした。


ではまた!!





Copyright (C) 2018 ㈱マルワ信濃土建. All Rights Reserved.