top of page

㊴令和4年は苦しい年でした。だがしかし・・・・・

お世話になっております。峯村です(*‘∀‘)

今年の営業も12月29日までとなり、あとわずかで今年も終わりますね!!

来年の始業は令和5年1月5日より営業再開となります!! 今年も、お客様、並びに協力会社の皆様、従業員皆様、近隣住民の皆様のおかげで乗り越えることができました。

感謝申し上げます!!


さて、今年は本当に苦しい年でした。

ただでさえ伸び悩んでいる建設業界に追い打ちをかけてくるがごとく、コロナ、円安、物価高騰、、、、、

正直営業成績が過去最低を記録しました、、、、

来年私は首になっているかもしれません(笑)

これほど数字に明確に情勢の影響が表れると、本当に日本まずいんだと実感いたします。

だからこそ皆さんに訴えたい!!

建設業が唯一日本国内でmaide in japan であることを!!

(少し言い過ぎではあるが気持ちの問題)

建てる家や公共工事は全て日本企業や行政が日本の職人に委託して行っています。

当たり前のようでそんなことはないのです。

現在の人口不足、と職方や管理者不足を考えると、将来は海外が進出して来ることは間違いありません。(一部会社さんは海外労働者を雇っているのは事実)

日本に進出しようとする海外の建設業者は現在ひそめていますが、、、

正直に日本の工事の基準が100だとすると某隣国は20程度、現在の状況で進出してきたら間違いなく竣工検査は不合格でしょう、、、。

いくら将来建設業の人口が過疎化していくと言われていても、そんな隣国や海外業者を日本に進出させるわけにはいかんのです!!

けして海外を否定しているわけではありません。

日本の技術を守れるのは日本人しかできないと思っていると言っているのです。

先人たちが築き上げた指針と技術を我々で守っていくのが筋ではないだろうか!

(なんかの演説か??)

弊社は小さな会社ですがそんな情勢の荒波に負けている場合ではないのです。

【頼んで安心!丁寧な仕上がり】がスローガンな弊社の理念を崩さず、

来年も頑張らせていただきます!!!


さて熱くなりすぎたので、施工紹介させていただきます。


〇長野県東部方面 A様外構工事〇

工種

〇コンクリート舗装駐車場

〇土留とフェンス

〇玄関は枕木でアプローチ

〇水栓の意匠工事

玄関のアプローチはレンガでふちどりして中を階段状に設置した枕木で意匠してみました。

枕木はACQ防腐剤が注入されたもので腐食対策済!色はキシラデコールのウォルナットで渋めにしました。

枕木周りは砕石にしましたが、芝をやっても良かったと思います。



水栓工事は割篭石を敷き詰めてその上にステン皿型パンを設置しました。

本当は立水栓も手を加えたかった!!


写真だとわかりにくいけど、

これからお施主さんが芝張りをやったらかなりいい感じになります!!




この手の石を敷き詰めるやり方は応用が効いて良いです。

石さえ任せていただければ低コストで済みます。


樹木廻りや庭の縁切り、花壇や簡素な土留めとしても使えます!!

何にでも使えて低コストってすばらしい!!

年内のギリギリの完了でした、、、。

今年は職方の手配が難しい年でした。

無事完了できてよかったです。



〇おじクック〇 今話題!【殺し屋のスパゲッティ・ロッソ】が本気で簡単で旨い!



正式名称は【スパゲッティーニ アサシン】(殺し屋のスパゲッティ)

通称は【お焦げのスパゲッティ】

と呼ばれてます。


最近話題でしたので作ってみました。


そしてこれ、、、本気で旨いです!!


下記に作り方投稿しますが、いつもより少し難しいかもしれません。

そのうち動画作成してみようかと思ってますが、今回は下手なレシピですが書き起こしておきますね!!







〇材料(1人前)〇

1.5㎜程度のスパゲッティ 100g(半分に折る)

サラダ油 大さじ2

ニンニク 半欠け(スライス)輪切り唐辛子ひとつまみ

トマト缶半分(ミキサーにかける)

塩コショウ、コンソメ調味料 適量


① フライパンにサラダ油、ニンニク、輪切り唐辛子を入れ弱火で5分加熱し香りを油に移す。(焦がしちゃダメよ)

② トマト缶を大さじ3程度入中の強火にし折ったスパゲッティを入れ、スパゲッティに焦げ目が付くまで炒める。(焦がしすぎ注意!!発癌物質がでてしまいます。)

③ 余ったトマト缶を鍋に入れ300cc程度水を入れ、塩コショウ、コンソメをひとつまみ入れ火にかけて沸かし、うっすいスープを作る。

④ ②に③を注いでいく。この時メンがつかる程度にする。

⑤ ③を煮切っていくが、メンが食べられるまで柔らかくするため④を繰り返す。

⑥ 大体③を使い切ってしっかり煮切ると濃厚なソースになりメンも食べ頃になります(そのはず)

味見してEXバージンオリーブ油大さじ1と塩コショウで味を整えて完成!!


フライパンで焦げたパスタをスープで煮込んでいくこの邪道と言われる工程のスパゲッティですが、本場イタリアでも現在人気だとか!!


これは近年食べたパスタで過去1に旨いです。

そしてなれるとマジ簡単ww

濃厚で舌触りの良いソースで酸味が普通のトマトソースより飛んでくれてまろやか(^^)

そして、煮込むためパスタの粉分がさらに濃厚でチーズが入っているような重圧な味に仕上がります。そして後からピリッと輪切り唐辛子が効いてきますね(´・ω・`)

メンも半分に折ることにより食べやすいです。焦がすのもポイント高いです。焦げの香りが

一口めにフワっとアクセントで来ますね(*‘∀‘)

ほんっとうにボーノ!!いとうまし!!


これはマジでやってみてほしいです!!



さて今日はこの辺で!!

来年もどうぞよろしくお願いいたします。



閲覧数:182回0件のコメント
bottom of page